【CPU・メモリ・SSD】パソコン選びはバランスが重要

  • パソコンを自分で選びたい
  • だけど、パソコンの何を見たら良いかわからない
  • むずかしいことはいいから、パソコンの簡単な見方や選び方を教えて欲しい

パソコンの選び方というと、むずかしい単語が多くでてきます。その単語を理解するだけで嫌になります。

私はWindows95が発売されたときから、パソコンを使っています。

メーカー製のパソコンや自作のパソコンを含めて10台以上のパソコンを使ってきました。もちろん、「買って失敗したなぁ」という経験もあります。

そこでこの記事では、パソコンを選ぶときに見るポイントを初心者に分かりやすく説明します。

この記事を読めばパソコンを選ぶときに、あなたが「これを見ればいいんだ」と思えるようになります。

パソコン選びはCPU、メモリ、SSDのバランスが重要です。

目次

【CPU・メモリ・SSD】パソコン選びはバランスが重要

パソコンを初めて使う人にすれば、「CPU、メモリ、SSD」という言葉は、むずかしいものです。

でも、心配ありません。パソコンを使うようになれば、自然と覚えられます。

パソコンのスペックの例

CPU、メモリ、SSDのバランスが取れた、パソコンのスペックを次に示します。

バランスが良い標準的なパソコンのスペック
CPUPassMarkの値が「6000」以上のCPUであること
Core i5 や Ryzen 5 などのCPU
メモリ8GB以上
SSD256GB以上

標準的なパソコンのスペック
一般的な作業をスムーズに、こなすことができる性能を想定しています。

CPU、メモリ、SSDの說明

メモリ(命令などを記憶する)

メモリはユーザーからの命令を、一時的に保存するところです。

メモリの容量は「8GB」あれば余裕

  • メモリは机の広さにたとえられます。
  • 机が広ければ、一度にたくさんの作業をすることができる。
  • つまり、インターネットを見たり、ワードで文章を書いたり複数の仕事をすることができることになる。

CPU(シーピーユー)

CPUはパソコンに、与えられた指示を演算するところです。

CPUは「Core i5」「Ryzen 5」などを選べば大丈夫

  • CPUはよく頭脳に、例えられます。
  • CPUはパソコンの性能を、左右する重要な部品です。
  • CPUの価格は、パソコンの価格に大きく影響します。

SSD(エスエスディ)

SSDは「ストレージ」と呼ばれる部品です。データを長期的に保存するところです。

ストレージには、SSDとHDDがあります。基本的に新しくパソコンを、購入する時はSSDのパソコンを選びましょう。(起動速度がSSDの方が断然速い)

SSDの容量は「256GB以上」を選べば大丈夫

  • ストレージは、倉庫に例えられます。
  • 倉庫が広ければ、たくさんのデータを保存することができます。

メモリ、CPU、SSDの関係

次の図を見てください。

あなたがパソコンに「5×8を計算して」と命令すると

あなたがパソコンに命令します

  1. 5×8を計算して
  2. メモリ・・・あなたの命令を「記憶」します。
    CPUに計算するように「命令」をだします。
  3. CPU・・・計算します。
  4. 結果をパソコンに表示します。
  5. SSD・・・保存する

メモリとSSDの違い

メモリ・・・記憶は一時的なもので、パソコンの電源を切れば消えてしまう。

SSD・・・保存したものは、「消去」という作業で消さない限り電源を切っても消えない。

という違いがあります。

CPU、メモリ、SSDのバランスを考える

あなたが「パソコンでどんなことをしたい」としても、パソコンを5年位は使いたいですよね。パソコンを5年使いたいとしたら、次のような性能のパソコンを選びましょう。

バランスが良い標準的なパソコンのスペック
CPUPassMarkの値が「6000」以上のCPUであること
Core i5 や Ryzen 5 などのCPU
メモリ8GB以上
SSD256GB以上

標準的なパソコンのスペック
一般的な作業をスムーズに、こなすことができる性能を想定しています。

インテルのCPU

CPUの性能を見る一つの目安に「PassMark」(パスマーク)スコアがあります。

インテルの「Core i 5 (第10世代以降のCPU)以上」であれば、スコアが「10000」以上あるのでパソコンの動きが「カク」ついたり、止まったりすることはありません。

つまり「第10世代」「第11世代」「第12世代」のCPUを選ぶこと。

インテルの場合は「CPUの世代」が重要になります。
「第10世代以降」ということが重要です。

インテルのCPUについては、次の記事を参考にしてください。

≫インテルCPUの型番の見方を初心者用に説明

AMDのCPU

PUの性能を見る一つの目安に「PassMark」(パスマーク)スコアがあります。

AMDの「Ryzen 3 以上」であればスコアが、「10000」以上あるのでパソコンの動きが「カク」ついたり、止まったりすることはありません。

つまり「Ryzen 3」「Ryzen 5」「Ryzen 7」のCPUを選ぶこと。

AMDのCPUについては、次の記事を参考にしてください。

≫AMD CPUの型番の見方を初心者用に説明

まとめ

パソコンの動きは、「CPU、メモリ、SSD」のバランスが重要です。

CPUの性能がずば抜けて良くても、メモリの容量が不足していればパソコンの動きは遅くなります。

メモリやSSDについても同じことがいえます。重要なことは「CPU、メモリ、SSD」のバランスが良くて、価格もそれなりに安いパソコンが良いパソコンです。

バランスが良い標準的なパソコンのスペック
CPUPassMarkの値が「6000」以上のCPUであること
Core i5 や Ryzen 5 などのCPU
メモリ8GB以上
SSD256GB以上

標準的なパソコンのスペック
一般的な作業をスムーズに、こなすことができる性能を想定しています。

上記のバランスのパソコンを選ぶことで、少なくても「もっと性能の良いパソコンを選べば良かった」という後悔をすることはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次