インテルCPUの型番の見方を初心者用に說明

  • パソコンに詳しい人に「パソコンの選び方」を聞くと、一番目にCPUを選ぶように言われる。
  • だけど、CPUを見ると英語と数字が書いてあって何のことかわかりません。
  • 初心者にもわかるようにCPUの型番の見方を教えて欲しい。

パソコンを選ぶときに、まず第一に見るのは「CPUの性能を見ること」といいますね。しかし、CPUの性能を見ると言っても、インテルとAMDのCPUの見方は違います。

インテルの場合「Core i3 – 9100 」などのように英数字が並んでいて、意味がわかりません。

この記事ではインテルCPUの「Core i シリーズ」の型番について、それぞれの記号や数字の見方を説明します。

この記事を読めば、インテルの「Core i シリーズ」のCPUの見方がわかるようになります。

目次

インテルCPUの型番の見方を初心者用に説明

パソコン販売店のチラシやパソコンのカタログを見ると、CPUの説明に次のような型番があります。(これは說明用の例です)

  • Intel Core i3 – 9100  3.6GHz 
  • Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz 
  • Intel Core i7 – 11700K  3.6GHz 
  • Intel Core i9 – 12900KF  3.2GHz 

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz の型番を使用して意味を説明します。

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz の「Intel」は会社名

Intel(インテル)」は CPUの製造メーカー名

インテルはアメリカ(USA)カリフォルニア州に本社がある半導体メーカー。

デスクトップ・ノートパソコンなどの製品にインテルのCPUが搭載されています。

Intel Core i シリーズは有名ですね。

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz の「Core i5」はシリーズ名

「Core i5」は CPUのシリーズ名

Core i3 / Core i5 / Core i7 / Core i9 の種類があります。

性能は図のようになります。

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz の「数字の10」は世代名

数字の「10」は CPUの世代を表示

型番の「先頭の数字」が世代を表示しています。

  • 9000番台までは先頭の数字「1桁」が世代を表示
  • 10000番台からは先頭の数字「2桁」が世代を表示している

Core i シリーズのCPUの世代の見分け方は、図を参考にしてください。

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz の「数字」は番号

数字 は製品に付けられる番号

一般的な考えとして数字が大きくなると「性能が良くなる」と考えて構いません。

  • Core i5 – 10400 2.9GHz ー コア数6、スレッド数12、クロック周波数2.9GHz
  • Core i5 – 10600 3.3GHz ー コア数6、スレッド数12、クロック周波数3.3GHz

基本的なスペックは変わらないが、10600のほうが10400より「クロック周波数」が大きくなっている

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz の記号「F」はCPUの特性

F は記号でCPUの特性を表示

  • Intel Core i5 – 10400  は「内蔵グラフィックス」が付いているCPU
  • Intel Core i5 – 10400F は「内蔵グラフィックス」が付いていないCPU
  • Intel Core i5 – 10400KF ならば、オーバークロックが可能で、内蔵グラフィックスが付いていないCPUを意味します。

CPU末尾の英字の意味

デスクトップ版 CPU機能
F内蔵グラフィックスが付いていないタイプのCPU
Core i5 – 10400F
記号なし末尾にアルファベットがついていないものは通常版CPUになります。
Core i7-9700
K倍率ロックフリーモデル(オーバークロック可能CPU)
Core i7 – 11700K
KS末尾Kより動作クロックがアップ
Core i7 – 11700KS
X・XE倍率ロックフリーモデル(オーバークロック可能CPU)
Core i7-9800X

アルファベット「F」が付くものは内蔵グラフィックスが付いていないモデルです。CPUだけでは映像を出力することはできません。

別途、GPU(グラフィックボード)が必要になります。GPUを取り付けないと映像を見ることができないCPUです。

ノートPC版 CPU機能
U省電力モデル
H高性能モデル
G1~G7数字が大きいほど、内蔵グラフィックスの性能が高くなる

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz の「2.9GHz」はクロック周波数

2.9GHz はCPUのクロック周波数

クロック周波数は1秒間にデータを処理する速度といえます。

クロック周波数「2.9GHz」ということは、1秒間に29億回の処理できるCPUということです。

まとめ Intel(インテル)製CPUの型番の見方

Intel(インテル)製CPUの型番の見方

Intel Core i5 – 10400F  2.9GHz意味
IntelCPUの製造メーカー名
Core i5CPUのシリーズ名
10400CPUの世代を表示
10400CPUに付けられる番号
(特に大きな意味はない)
FCPUの特性を表示
2.9GHzCPUのクロック周波数を表示

CPUの見方の要点

Core i の数字を見る

CPUのスコアの見方「PassMark」

CPUの性能の見方には色々ありますが「PassMark」というスコアの見方を紹介します。

「CPUの型番+スペース+PassMark」でスコアが調べられます。

  • Googleなどのブラウザの検索欄に「Core i7 9700 PassMark」と入力
  • ページの一番上に表示される「Intel Core i7-9700 @ 3.00GHz – Price performance comparison」を開く

CPUの世代

世代も重要

CPU型番世代スコア
Core i7 9700第9世代13385
Core i5 11500第11世代17644
Core i3 12100第12世代14517

上の表を見ると
第9世代のCPU 「Core i7 9700」より第11世代のCPU 「Core i5 11500」や第11世代のCPU 「Core i3 12100」のほうがスコアが高くなっています。

Core i7のCPUが、Core i3のCPUより性能が低い場合もあります。

CPUの選び方のポイント

CPUの選び方のポイント

  1. Core i 数字
  2. CPUの世代
  3. CPUの価格

を見る必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次