ノートパソコンとデスクトップパソコンのどちらを選ぶ

パソコンは大きく分けると「ノートパソコン」と「デスクトップパソコン」の2つです。

パソコンを選ぶ時にまず考えることは、「ノートパソコン」にするか「デスクトップパソコン」にするかということ。

確かに迷うところですが、簡単な方法があります。

  • 持ち運びをするなら「ノートパソコン」
  • 決められた場所で使うなら「デスクトップパソコン」

ということで大丈夫です。

特に初心者の人ならノートパソコンがおすすめです。

この記事では、ノートパソコンとデスクトップパソコンの違い。また、それぞれの特徴について説明します。

目次

ノートパソコンとデスクトップパソコンの違い

持ち運ぶならノートパソコン

自宅内での移動だけでなく、ビジネスなど持ち運ぶのなら「ノートパソコン」が最適です。

ノートパソコンは「ディスプレイ、マウス、キーボード」が一体化しているので、ノートパソコンがあればすぐに必要な作業をすることができます。外出先の情報を調べたりしたものを、家族に見せたりすることも簡単にできます。

ビジネスで使う場合には、顧客に自分の会社の資料を見せて、その場で内容を說明をするというような事もできます。

また、電源としてバッテリーを内蔵しているので、外出先などの「電源が取れない」ところでも使用可能なことが大きなメリットです。

据え置き型で使用するならデスクトップパソコン

自宅の決まったところへ「据え置き型」で、使用するならデスクトップパソコンが適しています。

デスクトップパソコンは本体とディスプレイ、マウス、キーボードなどが分離しています。デスクトップパソコンは分離型のパソコンをいいます。

ディスプレイに本体が組み込まれている「一体型デスクトップ」というものもあります。

初心者にはノートパソコンがおすすめ

パソコンの初心者には、ノートパソコンがおすすめです。

  • ノートパソコンは購入した段階で、パソコンの作業に必要なものがすべて装備されています。
  • ノートパソコンには「ディスプレイ、マウス、キーボード、スピーカー、Webカメラ」などが、標準装備されているのが普通です。
  • デスクトップパソコンのように、それぞれのパーツをつなぐ配線はいらない。

初心者にとって「本体」と「ディスプレイ」など、それぞれのパーツの配線は、思った以上にむずかしく感じます。知っていれば簡単なことですが、初めてのときはハードルが高い作業になります。

ですから、初心者には「ノートパソコン」がおすすめです。

ノートパソコンとデスクトップパソコンの出荷台数の比率

一般社団法人電子情報技術産業協会(jeita) のデータによるとパソコンの出荷台数はノートパソコン85%、デスクトップパソコン15%で、ノートパソコンが圧倒しています。

引用元 一般社団法人電子情報技術産業協会(jeita)

大画面で使いたいならデスクトップパソコン

大画面や使いやすいマウス、キーボードを使いたいなら「デスクトップパソコン」がおすすめです。

  • デスクトップパソコンは「本体」とディスプレイ、マウス、キーボードなどを別々に購入することができます。
  • ディスプレイを2台(複数)にして「マルチモニター」として使えば、インターネットを見ながらエクセルやワードを単独で開いて見ることができます。
  • マルチモニターにすると作業効率が大幅に向上します。

将来あなたが株式投資やFX(外国為替)などをするときや、ブログを書いたりするときにも資料を集める画面とブログを書く画面など別々に見ることができ作業がしやすくなります。

カスタマイズ(パーツの交換や増設)のしやすさ

パソコンの性能は「時代の流れ」とともに毎年上昇しています。パソコンの購入時には高性能だったパソコンも数年たつと、動作が重くなったりしてきます。

古くなったパソコンのパーツ(メモリやSSD)を「交換」したり「増設」することを「カスタマイズ」といいます。

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもカスタマイズは可能

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもカスタマイズは可能ですが、カスタマイズに関しては「デスクトップパソコン」のほうが拡張性が高いです。

  • ノートパソコンの場合、パーツの種類が少なかったり、パソコンによっては増設ができないもののあります。
  • デスクトップパソコンの場合は、比較的交換パーツも多くインターネットなどで購入することもできます。

ただし、自作パソコンと違って、メーカーのパソコンはカスタマイズできる範囲が限られています。

パソコンの買い替え時に使いまわしが効くのはデスクトップパソコン

デスクトップパソコンを買い替えるときは、ディスプレイやマウス、キーボードをそのまま使うことができるのが有利。

ノートパソコンの場合は構造的に、買い替えたときに、使い回すということができません。

筆者はノートパソコンとデスクトップパソコンを両方使用していますが、デスクトップパソコンはある時期から自作して使っています。

まとめ

ノートパソコンとデスクトップパソコンの違いのまとめ

ポイント
  • 自宅に限らず少しでも持ち運ぶ要素があるなら「ノートパソコン」
  • 外出先など電源の取れないところで使うなら「ノートパソコン」
  • パソコンの収納場所が限られるなら「ノートパソコン」
  • 大画面で楽しみたいなら「デスクトップパソコン」
  • マルチモニターを使いたいなら「デスクトップパソコン」
  • カスタマイズをしたいなら「デスクトップパソコン」
  • 出荷状況など多数派は「ノートパソコン」

■関連記事■ 【これで解決!】子供にパソコンをいつから与えるのが良いか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次